iPad Pro(10.5インチ)がゲーム用に優れている理由を考えてみた

その他
この記事は約8分で読めます。

最近ではゲーミングタブレットの需要も増えてきて、多くの人がゲーミングタブレットの解説をするようになりました。このブログでも、増えてきた需要に便乗してゲーミングタブレット関連の記事も書きました。

ゲーミングタブレットといえば「iPad Pro(10.5インチ)」というイメージが強いです。

俺自身持っているわけではないので、どのぐらいゲームに向いているのかはなんともいえないけど、実際にゲームの上手いプレイヤーたちの多くはiPad Pro10.5インチを使っています。

今回は、なぜiPad Pro10.5インチがゲーム用にここまで優れているのかを調べつつ書いていきます。持ってもいないのに書くなというツッコミはなしでお願いします。

ちなみに専門用語的なのもあるので、この記事で知識をある程度つけると良いです。

Pro Motionテクノロジーが優秀

iPad Proといえば、「Pro Motionテクノロジー」と呼ばれるディスプレイを搭載していることが有名です。Pro Motionテクノロジーはもともとクリエイター向けの仕様ですが、ゲーマーにとって選ばれる大きな理由になりました。

Pro Motionテクノロジーとはリフレッシュレートが120Hzまで対応しているディスプレイです。

リフレッシュレートは1秒間に画面が切り替わる回数で、この回数が多いほどそのディスプレイの動きがなめらかになります。

リフレッシュレートは、60Hz以上あれば人間にとって違和感なくゲームが出来るとされています。今のスマホのディスプレイはほとんど60Hzあるので、実はある程度のスペックであればPro Motionがなくても十分ゲームをすることが出来ます。

ただし、激しい動きをするゲームをしっかり遊ぶ場合だとPro Motionは他のスマホよりもゲームがなめらかに感じます。そして、リフレッシュレートが高いほど遅延も少ない傾向にあるので、120Hzは60Hzよりも快適にゲームが出来ます。

こればっかりは、実際に体感しないと分かりづらいものではあります。

ちなみにPS4やSwitchなどのゲーム機や一般家庭のPCモニター、テレビは60Hzだったりします。意外と60Hz以上出せる機器って少ないです。

SoC性能は20年現在でも十分な性能

Socは簡単に説明すると、スマホの脳みそみたいなものでSoCの性能が高いほどゲームが快適に動作します。これについては、上に紹介した記事で詳しく説明しています。

iPad Pro10.5インチの性能はAnTuTu(V7)というアプリで出したスコアが約29万点で、iPhoneX(27万)よりも少し高く、iPhoneXs(36万)には届かないスコアです。

20年現在の最新機種でもだいたい36万前後なので、そのレベルには届かない感じですね。

ただ、3Dゲームをやるぶんにはこのスコアでも十分に快適に遊ぶことが出来ます。個人的にはゲームを快適に遊ぶなら30万点以上必要だと考えていて、iPad Pro10.5インチはそれに近いスコアなので十分だと言えます。

さっき説明したPro Motionも考慮すると、他の60Hzのスマホよりもゲーム性能は高いです。

何よりも、最新機種は高いのに対してiPad Pro10.5インチは2年前の機種なので、今だと結構値下がりしています。

iPad Pro10.5インチは今の時代だとちょうどいい塩梅の性能だと言えますね。

スピーカー4つ持ちは音ゲーマーには嬉しい要素

一応俺も音ゲーマーの端くれではあるので、スピーカーについては語らざるを得ません。

他のiPadだとスピーカーが下方向に2つしかついていません。これだと、片方の耳でしかしっかり音を聞くことが出来ないので、左右のバランスが悪くてほんの少し音ズレがあるように感じるかもしれません。iPad Proはスピーカーが4つあるので、他のiPadよりもしっかり音を拾うことが出来ます。

音ゲーだと、音の聞こえ方ひとつでリズムが変わったりするので、スピーカー4つのiPad Proは音ゲーをするのに有利になります。

注意したいのは、普段はイヤホンを使っている人だとスピーカの恩恵はあまり関係ないです。

スピーカーに関しては、重視する人としない人で分かれるのでそこまで深く考えるほどでもないような気はします。

ディスプレイサイズが丁度いい大きさ

ゲームを快適に遊ぶ上で、ディスプレイサイズは重要です。ゲーム用にタブレットがよく選ばれるのも画面サイズが一番の理由です。

スマホサイズだと、動きの激しい音ゲーやFPSが非常にやりづらくなります。ゲームが上手い人達は多本指を使う人が多いので、サイズの小さいスマホだと振りになります。

かといって、iPad Pro12.9インチだと大きすぎて指を動かすのに忙しくなります。なによりもゲーム以外だと使いづらいです。

iPad Pro10.5インチはサイズが10.5インチなのでゲーム用として馴染みやすいのが良いところです。

実際、俺が使っているiPad Air3も10.5インチですが、指を動かしていてそこまで指が疲れる感じもしないし、かといってゲームをするときに指が窮屈にも感じないです。

これは9.7インチも同じように感じるので、iPad Proほどの性能が必要ないのならiPad(第6,7世代)だと値段的にもサイズ的にもいい感じです。

型落ち機種なのでコスパが良くなってる

iPad Pro10.5インチはゲーム用として十分なスペックを持っています。型落ち機種でもあるので、値段は発売当時よりも安くなっています。

試しに楽天で調べてみると、6万円を下回っているものが多く中には5万円以下で買えるものも。

中古だと当たり外れがあるのが怖いところですが、上手く行けば状態のいいiPad Proを低価格でゲットできます。

10.5インチよりも性能の良い「iPad Pro(11インチ)」と同じ10.5インチの「iPad Air3」も調べてみました。

11インチの方は、トップクラスの性能だからか今でも8万超えが多いです。Air3もまだ新しい機種なのでまだまだ値下がりしていないです。

最新機種がでると、2,3世代前の機種はどうしても値下がりするし、時間も経って中古が出回るのでまさに今が買い時ではあります。

なぜ11インチ(第3世代)よりも10.5インチ(第2世代)が選ばれるのか

ここまでiPad Pro10.5インチがゲーム用として優れている理由を書いたけど、実は値段以外だと完全上位互換の「iPad Pro(11インチ)」という機種が存在します。

なのに、実際にゲーム用としては10.5インチのほうがおすすめされています。

俺はそもそも持っていないので、実際どっちが優れているのかは確認できないけど、色々調べるとこれじゃないかっていうのが結構あったのでそれをまとめます。

理由をまとめると

  • そもそもまだ新しいので持っている人が少ない
  • コスパが良いとは言えない値段
  • ゲームが11インチに対応していないのがまだ多い
  • Face IDとベゼルレスが受け入れられづらい
  • 11インチにはイヤホンジャックがない

よくよく考えると11インチが発売されたのが18年10月、10.5インチでも17年6月発売なのでまだ11インチ発売から1年半しか経っていません。iPadは金額が大きいので簡単に買い換えるものではないです。

Apple製品が好きな人でもなければ、10.5インチ所有者はまだ11インチに乗り換えない人が多いと思います。それに、今のゲームは10.5インチでも十分動くのでわざわざ11インチに乗り換えても恩恵は少ないです。

そして、そこまでのスペックを求めていない人にはコスパ化け物の「iPad(第6,7世代)」があります。

流石にもうちょっと性能があるのが良いなって人はiPad miniや10.5インチを視野に入れると思うので、11インチのスペックを欲しがる人は少ないです。

そして、ゲーマーにとってはまだ対応していないゲームが多いのはあまり買う気にはならないです。とはいっても調べてみたところ画面に対応していないだけで、そんなに不便な風には見えませんでした。

これは11インチを持っていない人がまだ多いのもひとつの理由です。運営も、そんなにユーザーがいない11インチの対応をするのもコストが掛かりますしね。

ただ、さすがに1年半も経ってきたので徐々に増えている印象はあります。そもそも、画面ぐらいなら個人的にはちょっとした黒帯ぐらいなら気にならないです。

Face IDとベゼルネスはあまりゲームに関係ないですが、普段遣いという観点では面倒くさそうです。ちなみにベゼルネスというのは、ホームボタンなどのディスプレイ外にあるものを取り外して、なるべく外枠を減らした端末のことです。

ロック解除にいちいち顔を写すのは普通に面倒くさそうだし、Touch IDが優秀なので11インチは受け入れにくい構造です。

そして、イヤホンジャックがないのも選びにくいです。FPSだとスピーカーだけだと音がよく分からないので、俺は基本的にはイヤホンでプレイしています。

そもそもスピーカーだけだと、周りに人がいるとゲームしにくいし動画も見たくないです。一応、充電端子(11インチだとType-C)とイヤホンをつなげるものや、Type-Cイヤホンも増えてきているのでイヤホンを使いたいならそういうのを買うしかないです。

一番の理由はコスパが良くないことだと思いますが、他にもいろいろな理由はあると思います。

まとめ

iPad Proを持ってもいないのが調べて書いただけですが、そこまで間違ってはいないと思います。

もしiPad Pro10.5インチを買おうか迷っている人は、この記事を参考にしてみてはいかが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました