iPad

iPad Air3をゲーマーがガチレビュー。ゲーム用としてもおすすめなタブレット

iPad

2019年3月、Appleから「iPad Air(第3世代)」が発売されました(以下iPad Air3)。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥58,080 (2020/09/29 21:03:53時点 Amazon調べ-詳細)

Air3は2014年発売の、iPad Air2から大幅にパワーアップしたタブレットでゲーム用にもおすすめなタブレットです。

俺は、19年5月からiPad Air3を購入して1年経ちましたが、今の所不満なく使えています。

せっかくなので、iPad Air3でどのぐらいゲームを快適にできるのかを徹底的に検証していきます。

ゲーム性能テスト

バンドリ! ガールズバンドパーティ!(ガルパ)

まずは、ガルパで検証。

ガルパは、要求されるスペックが高いゲームです。

ガルパを満足にプレイできれば、ほとんどのゲームはしっかり動作すると思っていいです。

検証設定はこんな感じです。

  • MVモード
  • 高画質設定
  • カットイン・エフェクトON
  • 軽量設定無し

音ズレやラグもなく、安定してプレイすることができました。

ガルパのfps上限が60fpsですが、Air3は多分60fps普通に出ています。

結構重いゲームなのに、ガルパを高負荷な設定でしっかり遊べるのは良いですね。

精度もしっかり取れるので、Air3はガルパを十分快適に遊ぶことができます。

Live2Dモードでも遊びましたが、こちらも問題なく遊べます。

ガルパは、しっかりと遊びたい人やMVなどの観賞用として使いたい人でも十分使える性能なのがわかりました。

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)

デレステの3Dリッチは、ガルパのMVと同じかそれ以上のスペックが必要です。

ガルパ同様、デレステの3Dリッチがしっかり動作すれば、ほとんどの3Dゲームが快適に動くと思っていいでしょう。

検証設定は

  • 3Dリッチ
  • 高画質設定
  • エフェクトON・カットインOFF

カットイン設定は忘れたけど、ほとんど影響はないと思います。

デレステは、最初はカクついたような気がするけど、途中からは普通にプレイできました。

そのあとも、何回か3Dリッチでプレイしたけどちゃんと快適に動作していたので、十分遊べます。

ガルパのMV、デレステの3Dリッチがちゃんと動くのは良いですね。

他のゲームに対しても安心できます。

Arcaea(アーケア)

アーケアは、MVありのアイドル系音ゲーに比べると要求スペックは低いです。

ただ、

  • ある程度背景やモーションに気を使っている
  • 最高判定(無印Pure)の判定幅が狭い
  • 音ズレしやすい

という点があるので、音ゲーでの検証に向いていると思います。

当然、プレイに問題はないです。

曲によっては、無印Pureの精度もしっかりと上げることができるので、音ズレやラグもあまり無いのもわかります。

Arcaeaは、判定幅の狭さからiPad Proのほうが良いとされているけど、Air3でも十分精度が取れますね。

PUBG MOBILE

今でもまだ人気のある、PUBGモバイルでも検証していきます。

バトロワ系のゲームは、

  • 高解像度の3Dグラフィック
  • 激しいアクション要素
  • 大人数でのリアルタイムバトル

といった要素で、要求スペックが高いゲームが多いです。

PUBGモバイルも、当然要求スペックは高いです。

検証設定は

  • 画質:HDR
  • フレームレート:ウルトラ
  • アンチエイリアスON
  • FPSの自動調整OFF

勝ちに行く設定なら「スムーズ・極限」なんだけど、検証するためにこの設定でプレイします。

とくにラグもなく、快適にプレイできました。10.5インチなだけあって、敵も見つけやすいです。

荒野行動

荒野行動も重いゲームとして有名です。

スマホゲームでは荒野行動のほうが人気なので、このゲームが快適にプレイできるかのほうが気になる人も多いと思います。

検証設定は

  • 画質:HD
  • ドローディスタンス:最高
  • フレームレート:60fps

こちらもラグがなく、快適に遊べました。

さすがハイスペックなだけあって、バトロワ系もしっかり動きます。

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS (スクスタ)

スクスタはMVモードでのプレイだと結構なスペックを要求されます。

デレステの3Dリッチや、ガルパのMVモードでもサクサク動いたiPad Air3ではスクスタも快適に動きます。

当然、音ズレやラグもないのでしっかりとワンダフルを取ることが出来ます。

プリンセスコネクト!Re:Dive(プリコネR)

他の3Dゲーが動いて、このゲームが動かないということはないと思いますが、人気ゲームなので一応検証。

もちろん、カクつきもなくしっかり動きます。

俺自身は、プリコネはPCでやるのでiPadではあまりやらないけど、思いの外しっかり動いて良いです。

スペック

iPad Air3だけだとどんな性能なのかわかりにくいと思うので、iPad Air2、iPad Pro(第3世代)12.9インチと比較してみます。

全体的なスペックはこんな感じ。

iPad Air2iPad Air3iPad Pro 11(2019)
チップ(SoC)A8XA12 BionicA12X Bionic
ストレージ16GB,64GB,128GB64GB,256GB64GB,256GB,512GB,1TB
ディスプレイサイズ9.7インチ
2,048×1,536px
10.5インチ
2,224×1,668
11インチ
2,388×1,668px
サイズ(mm)240×169.5×6.1250.6×174.1×6.1247.6×178.5×5.9
重量(g)437456468
カメラ800万画素800万画素1200万画素
フロントカメラ120万画素700万画素700万画素
Apple Pencil対応していない第1世代対応第2世代対応
キーボードBluetooth KeyboardSmart KeyboardMagic Keyboard
Smart Keyboard Folio
RAM(メモリ)約2GB約3GB約4GB(1TBのみ6GB)
Geekbench(Ver 5)マルチ:1050
シングル:400
マルチ:2700
シングル:1100
マルチ:4600
シングル:1100

ざっと比較するとこんな感じでしょうか。具体的なスペックはここにのっています。

iPad Air – 仕様 – Apple(日本)

SDM855と互角以上の性能

Air3が、大体のゲームで快適に遊べるのはわかりましたが、具体的にどのぐらい高性能なのかを見ていきます。

試しに、「AnTuTuベンチマーク(V8.3.3)」で性能を調べました。

結果は47万点と、トップクラスの性能です。

あんつつの性能だけ見ると、iPhone11よりも若干劣り、大体のSnapdragon855(SDM855)搭載機種よりは高性能といった感じです。

SDM855は

  • Galaxy S10
  • ZenFone 6
  • Xperia 1
  • etc…

といった高性能機種に搭載されていますが、Air3はこれらと同等以上の性能です。

さすがに、A12Xと比較するとかなり劣るけど、6万円でこの性能は普通にすごいです。

Smart KeyboardとApple Pencil(第1世代)にも対応している

あまりゲームと関係ないけど、Air3はSmart KeyboardとApple Pencil(第1世代)に対応しています。

まあ、iPad10.2インチや大体のiPad Proは対応しているので、逆についていないと驚きだけど。。。

実は、iPad mini5はSmart Keyboardに対応していません(Apple Pencilには対応している)。

クリエイティブや仕事、勉強に使いたい人には地味に嬉しい機能です。

外観

デザインは、安定のiPadデザインと言った感じです。

10.5インチなのもあって、Pro10.5インチとほとんど同じです。

iPad Pro第3世代だとデザインが結構変わるんですが、なんだかんだこの見慣れたデザインが安心するデザインでもあります。

Air3のメリット・デメリット

メリット

  • 高性能チップでほとんどのゲームを快適に遊べる
  • Pro10.5インチと比較できるコスパの良さ
  • クリエイティブとしてもある程度使える

ゲーム性能は、A12チップを使っているので使いやすいです。

ゲーム検証を見ればわかるけど、音ゲーやFPSではラグもなく正確なプレイができました。

Pro10.5インチと同程度の値段はするけど、現状120fps対応のゲームが少ないのでA10Xよりも高性能なA12のほうがある程度パフォーマンスには優れています。

長く使うことも考えれば、Air3はPro10.5インチと同じ値段でも十分選択肢に入りますね。

Pro(第3世代)と比べると、中途半端感はありますが、Pro(第3世代)がまずかなり高いです。

コスパ面を考えると、それなりに器用にこなせるAir3は結構おすすめできます。

デメリット

  • 同程度の性能のmini5のほうがコスパは良い
  • 値段的にはもう一声ほしい性能

残念なのは、mini5のほうがコスパは圧倒的に高いところ。

あっちは同じ性能なのに、5万円で購入できます(Air3は6万円なので1万円低い)。

厳密には、Smart Keyboard対応やRAM(キャッシュメモリ)で差はあるけど、絶対に1万円ほどの差はないです。

ゲーム性能だけなら、mini5で事足りてしまいます。

そして、Air3の性能がチップ以外Pro10.5インチの劣化になるのも残念な点です。

Air3の特徴が、チップ以外にも欲しかったです。

まとめ

色々書いたけど、俺は買ってよかったと思っています。少なくても、これでゲーム面では不自由することがないのは嬉しい。

意外と、Air3に替えると今まで以上にブログの記事が書きやすくなったりして、地味に嬉しいです。

Pro(第3世代)は高いけど、良いスペックでゲームをしたいという人はiPad Air3も視野にいれるのもいいでしょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥58,080 (2020/09/29 21:03:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメント