ゲームに最適なタブレット、スマホを真面目に考えてみた。

今では、ゲームを快適にプレイするためにスマホやタブレットを選ぶ人も少なくない時代です。実際、俺もゲームのためにiPad Air2,3話購入したことがあるし、ネットでもゲームにオススメなタブレットの情報も多くあります。

ただ、実際にスマホとかに詳しくてスマホ選びもスペックからいろいろな面を、しっかり考慮して選んでいる人は未だに少ないと思います。例えば、よく「iPad Pro10.5インチがオススメだよ」という人が多いけど、しっかり答えることは難しいと思います。

ゲーム用タブレットだと、漠然と解説しているところは多いけどしっかりと解説しているところは少ない印象です。

そこで、いろいろなゲームをプレイするゲーマーが、しっかりとゲーム用スマホについて考える記事は割と珍しいと思うので、今回はスマホ選びについてよくわからない人向けにスマホの選び方みたいなのを解説していきます。

 

実は、俺自身があまりAndroidを触ったことがなく(過去に中古のAndroidを購入したら3ヶ月ぐらいで壊れた…)iOS端末も何個かしか触ったことがないので、間違っている情報もあると思います。

ゲーム用スマホ選びで、基本的な部分はあっていると思うのでこの記事を見て気になる機種があれば、自分で調べたほうがより確実に自分にあった端末が買えます(他人任せ)。

 

 

ゲーム用スマホで重要な要素

チップ(Soc)

チップとはSoc(System-on-a-chip)と呼ばれるもので、

  • CPU
  • GPU
  • チップセット

を内蔵しているものをチップといいます。チップには他にも通信回路やキャッシュメモリなど端末によって入っているものも変わってきます。

チップは、スマホで言うところの脳に当たる部分で、チップの性能が高いほどゲームや動画編集などの複雑なアプリを快適に操作できるようになります。特に、3Dゲームはチップの性能が低いとカクカクしたり落ちたりします、荒野行動やPUBGなどのゲームが落ちる理由の大半はチップの性能が低いからです。

チップの性能比較はガルマックスというブログが詳しく書いているのでおすすめです。

実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ[2019/10/29更新] - ガルマックス
スマートフォン実機のAnTuTuベンチマークスコアをまとめています。新しく端末を購入する際や中古端末購入時に参考にして頂けると嬉しいです。

 

スマホで一番重要な部分なので、何を選べばいいのかわからない人はチップを優先に見るようにしましょう。目安としてはiPhone、iPadだとA10fusion以上、AndroidだとSnapdragon835以上です。

メモリ(RAM)

メモリは意外と重要視されないパーツでもありますが、ゲームをする上でかなり重要です。

チップが脳の役割をしているのに対して、メモリは脳が処理をする場所として機能しています。

メモリの容量が小さいとチップが処理する分の仕事が溢れてしまってその分動作が遅くなったり、最悪落ちてしまいます。最近のスマホはメモリが多いので、落ちるということは少なくなってきたけど、それでもメモリが多いほうがいいです。

 

チップとの相性にもよるけど、俺が使っているiPad Air2019はメモリが3GBでほとんどのゲームを快適に遊べます。ゲームに最適なiPad Proでも4GBなので目安としては3~4GB以上です。

 

ストレージ(ROM)

ストレージは、アプリを入れるときに必要な容量です。iPhoneとかだと設定を開くとストレージという項目がありますね。ストレージの容量が低いと多くのアプリを入れれないので当然高いほうがいいです。

高グラフィックなゲームだと1つでも2,3GBはあって、やり続けると更に容量が増えていきます。それ以外にもシステムとして大体のスマホが5GBは使っているのでその事も考えて選ばなければいけません。自分がどのぐらいゲームをプレイするのかも考えて選ばなければいけませんね。

 

画面サイズ

画面サイズはFPSや音ゲーだと特に重要になってきます。画面が小さいと敵が見にくいし、操作するときに誤動作やとっさに操作しにくかったりします。

そもそも小さい画面だと親指メインになるけど、人差し指で操作したほうが圧倒的に操作しやすいので、人差し指で操作しやすい画面のタブレットを選んだほうがいいです。

そして、一部の画面サイズに対応していないアプリが黒帯になったりすることもあるので、そこも注意して選んだほうがいいです。

個人的には、10インチ付近のタブレットがおすすめです。

 

ゲームはiOS端末がおすすめな理由

よく、ゲームにはiOSがおすすめとされていますが、上記の要素だけを考えると実はiOS端末よりも高性能なAndroidも存在します。それでも、iOS端末がゲームに最適なのには理由があります。

  • レイテンシ面で優れている
  • OS自体がゲームに適している
  • 機種の当たり外れが少ない
  • 価格面で優秀

だいたい理由はこんな感じです。特にレイテンシはゲームをする上でかなり重要です。

 

レイテンシ面で優れている

まず、レイテンシとは何なのかという話ですが、ゲームをする上での操作してから実際に反映されるまでの遅延時間、これがレイテンシです。

例を上げると、FPSだと銃を撃つ操作をしてから実際に撃つまで、音ゲーだとアイコンをタッチしてからタッチされたと判定されるまでの時間です。

レイテンシはよくms(1000分の1秒)という単位で表されて、当然レイテンシの数字が低ければ低いほどゲームでは有利に働きます。

特に、オーディオレイテンシは特に重要で、FPSや音ゲーではオーディオレイテンシが10ms(100分の1秒)違うだけでだいぶ変わってきます。極端な話、オーディオレイテンシが遅いと敵が目の前に現れてから足跡が聞こえたり、曲の1秒後のリズムを叩くようなもので非常にやりづらくなります。

そして、iOS端末は基本的にどの端末もオーディオレイテンシが10ms以下という優秀な成績を残しています。

一方、Androidは端末によってレイテンシにばらつきがあって、XperiaやPixelのようにレイテンシが優秀な端末(だいたい10~20ms)もあれば、高性能なのに50ms以上もレイテンシが高い端末もあります。

全体的に見ても、iOS端末よりもレイテンシ面で優秀な端末は存在しないです。

 

OS自体がゲームに適している

そもそも、iOS自体がAndroidOSよりもゲームに適しています。これは、iPhoneとAndroidの性質上仕方ない部分もありますが。

iOSは自社のiPhoneやiPadに適したOSなので、iOS向けに作られたゲームは基本的にiOS端末のスペックが高ければ快適に遊べます。

それに対して、AndroidOSは自社端末がPixel、Nexusしかない上に他社開発のスマホが多いので、全部のスマホに適したOSを作れないため、機種によっては高性能なはずなのにゲームに適していなかったりします。

OS自体、iOSのが優れているのでゲームをするならiOS端末を買う人が多いです。

 

機種の当たり外れが少ない

レイテンシやOS面でも当たり外れが多いAndroidですが、そもそも会社ごとにAndroidの作りが違うため、似たようなスペックでもパフォーマンスが全然違ってきます。

そもそも、種類が多すぎるのでスマホの構造にあまり詳しくない人だと、よくわからない機種を買ってゲームが全然出来ない可能性もあります。

iOS端末だと、iPhoneとiPadしかないので、ゲームができる機種の見分けも簡単です。情報量自体も多いので「iPhone8 ガルパ」というふうに検索しても快適にプレイできるかの情報が出てきます。

詳しい人だと、Androidでもいいと思うけど、安い買い物ではないのでリスクを減らすなら多少高くてもiPhone、iPadのほうがいいです。

 

価格面で優秀

そもそも、最近のiPhone、iPadはそこまで高くはないです。というより、Androidが高くなってきています。

一昔前だと、Androidのほうがコストパフォーマンスが良かったんだけど、最近だと最新のiPhoneもAndroidもそこまで変わらないです(Xiaomiとかの中華スマホは安いけど…)。

そして、多少型落ちしていてもレイテンシやOS面で優れているのはiOS端末なので中古のiPhone8を買えば、快適にゲームを遊べる上にコストも抑えられます。

 

いろいろな面でiOS端末のがゲームに適している上に、Androidは複雑で選ぶのにも知識が結構いるので、そりゃみんなiOS端末を選びます。

 

 

iPad Pro10.5インチが優れている理由

ここまで、読むとiPad Pro10.5インチが優れている理由もわかってくると思いますが、優れている理由をあげるとこんな感じです。

  • チップが今でも上位に入るぐらい優れている
  • メモリが4GBと十分な容量
  • ProMotionテクノロジーという機能を導入している
  • 中古だと5~6万ぐらいで買える

チップやメモリの説明は、さっき書いたので説明は省くけどiPad ProにはProMotionテクノロジーというディスプレイ機能が導入されています。

ProMotionがあることで、リフレッシュレートと呼ばれる1秒間に更新される画面の数が、120Hz(1秒間に120回更新される)になります。

このリフレッシュレートが高いほど、ゲームの動きががなめらかになります。一般的なスマホだと60Hzなのに対しての120Hzなので、iPad Proのほうがより動きを認識しやすくなります。動きの激しいFPSだと、ProMotionはより有利に働きます。

ただ、高性能なので値段が高い機種が多く、超高性能のiPad Pro11インチだと8万はする上に11インチは珍しいので、画面に対応していないアプリもそれなりにあります。

そこで、中古だと5~6万ぐらいで買えるiPad Pro10.5インチが高性能で、殆どのアプリが画面サイズに対応しているのでゲームをガチでする人だとほとんどの人がこの端末を買います。

2年前の端末が、いまだに多くのゲーマーにおすすめされているんだからすごいですね。

 

 

おすすめタブレット

ここまで、ゲームに向いているスマホ、タブレットを書いてきたけど、これらをまとめた上でどのタブレットがおすすめか紹介していきます。

 

iPad Pro(第2世代)10.5インチ

 

さっき話したとおりiPad Pro10.5インチはかなりおすすめです。ただ、コストパフォーマンスに優れていても十分高いので、安く買いたい方はiPad6世代の方がいいかも。

 

iPad(6世代)9.7インチ

 

正直、ゲーム用タブレットならiPad6世代でもゲームを十分快適に遊べます。

スペック的にはA10チップのタブレットなので他の高性能タブレットには劣るけど、PUBGのFPSも極限までは出せるし他のゲームも十分快適にできます。

俺は持っていないけど、知り合いが持っているので軽く触らせてもらったら思っているより全然快適でした。何よりもスペックに対して値段が安いのが魅力です

ProMotionではないけど、60HzでもFPSや音ゲーのガチ勢でもなければそこまで劇的に変わるわけではないので、十分かなとは思います。

最近だと同じチップ搭載の10.2インチ版のiPadも発売されたけど、対応アプリとかはどうなんですかね。。。

 

iPad Air/mini2019

 

俺も使っているiPad Airもおすすめです。iPad Airの特徴としてはチップがA12と高性能なので大体の3Dゲームが高画質で快適にプレイできます。

値段が6万と高めなのと、性能面が中途半端なのがネックですがゲーム用として買うのもありだと思っています。Airかminiかは好みに分かれるので好きな方を買えばいいと思います(miniだと5万ぐらいなのでコスト的にはいいです)。

 

iPad Pro(3世代)11インチ

 

11インチは対応していないアプリもそれなりにあるけど、19年11月時点では大体の有名ゲームアプリは対応されています。

チップもA12Xとトップクラスな上に、最新機種なので将来性が高いのはこの機種です。欠点としては、A12Xは新しめのチップなのでアプリが対応していても最適化されていない可能性があります。将来的にはiPad Pro3世代が最適化されると思うけど、現段階ではゲームによってはiPad Pro2世代の方が快適にできるかもしれないです。

金に糸目をつけないなら10.5インチよりも11インチのほうがいいかもしれないですね。

ちなみに、3世代だと12.9インチもあるけど、さすがに12.9インチは大きすぎてゲームがかえってやりにくくなりそうなのでおすすめはしないです。

 

おすすめスマホ

個人的には、ゲーム用であればタブレットを買ったほうがいいけど、さっきおすすめしたタブレットだと安くても3万後半はするので、渋る人も多いと思います。

スマホだと、今では生活必需品なのでゲーム兼用として使いやすいですね。

 

iPhone8/8Puls

iPhone8は、すでに2年前の機種ではあるものの性能としては今でも十分すぎるぐらいに通用します。

チップがA11を搭載しているので、性能だけでいえばiPad6世代よりも優秀です。さっきiPad6世代でも十分ゲームを楽しめると書いたけど、6世代よりも性能面ではいいiPhone8がゲームを楽しめないわけがありません。

価格は5、6万はするものの、スマホだから普通に実用としても使うため買いやすくはあります。それに、中古だとそれなりに安くなってきているので十分おすすめな機種です。

 

iPhoneXR

 

A12を搭載しているiPhoneで、性能としては現時点でトップクラスです。当然殆どのゲームを快適に遊べます。

iPhoneXsもあるけど、性能的にはそこまで変わらないのに2万ぐらい変わってきます。こだわりがない人は圧倒的にXRがおすすめです。

ただ、XRのほうが安いとは入っても9万ぐらいするので十分高い買い物です。

 

ZenFone6

 

 

ゲーム性能だけを見るなら、圧倒的にiPhoneがおすすめだけど、Androidが好きな人もいると思います。

Androidで、ゲーム性能が良さそうなスマホの候補としてZenFoneが上がります。調べてみた感じガルパなどの音ゲーも快適に遊べるようです。

価格は7万と高めではあるものの、スペックだけでいえばiPhoneXRと同等クラスで十分使えます。FPSやMMOメインで音ゲーをやらないような人だとZenFone6も十分候補として上がります。

 

Xperia 1

 

 

Xperiaも、ZenFone同様快適にゲームを楽しめる端末になります。Xperiaはオーディオレイテンシも優れていて、iPhoneほどではないものの低いレイテンシで音ゲーもやりやすいです。

Xperia 1は、当然性能も高くZenFone6、iPhoneXRと並ぶぐらいの性能です。値段は8万とかなり高めなので、中々買いにくい機種ではあります。

 

 

まとめ

結論としては、おすすめスマホ、タブレットは圧倒的にiOS端末ですね。特に、音ゲーやFPSをやるならiPadを使うと実力がかなり上がります。

この記事は、あまりスマホとかに詳しくない人は、これを参考にスマホを選びましょう。絶対とは言わないけど、ハズレを引くということはおそらくないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました