スマホの人気音ゲー10個を音ゲーエンジョイ勢が評価してみた(キャラ系)

最近では、様々なスマホ音ゲーがあります。

俺も、音ゲーはそれなりにやる方だけど最近のスマホ音ゲーを見ると知らないのばっかり。。。

このままだと、時代に取り残される気がするので、いい機会だから人気音ゲーを評価してみます。今回評価する音ゲーはこんな感じ。

  • ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)
  • Tokyo 7th シスターズ(ナナシス)
  • アイドリッシュセブン(アイナナ)
  • アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)
  • バンドリ! ガールズバンドパーティ!(ガルパ)
  • アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ(ミリシタ)
  • 歌マクロス スマホDeカルチャー(歌マクロス)
  • うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live(シャニライ)
  • 乃木坂リズムフェスティバル(乃木フェス)
  • 新テニスの王子様 RisingBeat(テニラビ)

2019年8月下旬時点で人気のある音ゲーを1位~10位までやってみました。

偶然にも、今回評価する音ゲーがみんなキャラ系のゲームなので、キャラ系音ゲーの評価にもなりますね。最初は、男性向けのみにしようかなとも思ったけど、女性向けの音ゲーの紹介記事も少ないので今回評価してみることにします。

Menu

評価基準

一応、今回の評価基準について。基本は独断と偏見で決めます。あと、すでにプレイしているゲームもあるのでどうしても贔屓目に見てしまうことがるのでそこは大目に見てね。

ちなみに、俺がどんな音ゲーやっているのかとかは音ゲーのプロフィールを見てくれたらわかるので、興味のある方はどうぞ。

https://sakana621.com/otoge-plofile/

まずはゲーム性

評価するのが音ゲーなのでいちばん大事な要素。

  • 叩きやすさ
  • 譜面の出来
  • ノーツの判定
  • その他要素

この4つで決めます。

その他要素は、そのゲーム独自の要素だったり音ゲーのおまけ要素で評価できそうな部分を評価していきます。

MVやオートライブなんかもその他要素として評価していきます。

次にストーリー性

ストーリーは、個人的にはあまり重要ではないけど、一応今回紹介するのがキャラ音ゲーなのでストーリーについても見ていきます。

  • ボイス機能について
  • キャラの動き
  • ストーリーの機能
  • ストーリーのジャンル

まず、ストーリーの内容については評価しません。自分がそれなりにやっているゲームなら全然いいんだけど、今回やるゲームの、半分以上は大してどんなコンテンツかも知らないようなものなので、内容についてはファンの人におまかせする形に。

俺が評価するのは、どのような形でストーリーが進行されるのかとか、スキップ・オートなどの便利な機能はあるのかとか、システム的な部分を見ていきます。

あと、評価しないと言ってもどのような感じのストーリーなのかは紹介していきます。

最後に課金要素

課金要素では

  • ガチャの確率
  • スタミナ回復やBOX拡張

この2つについて評価します。というか基本はガチャメインです。

評価しないのも考えたけど、一応課金ゲーなので評価することに。

他にも、何かしらの要素があれば評価する形です。

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)

2013年4月15日に配信された、スマホ音ゲーではかなり古参に当たるゲームです。

どのぐらい古参かというと、スクフェスが配信された当時の音ゲーは太鼓の達人plusやグルーブコースターぐらいしかありませんでした(その年の11月にDeemoとかいう有名音ゲーが配信される)。

何年も前の音ゲーにもかかわらず、いまだに音ゲーのジャンルでは上位に入るほどの人気ゲームです。

ゲーム性

スクフェスは半円型の並びで、9人いるメンバーのアイコンとノーツが合わさったら叩く感じのゲームです。

MVなしなので、最近のゲームに比べると大分物足りない感じではあるものの、カットインの主張が強いのが特徴です。

スクフェスは、遅延が少なくSEもそこまでうるさくはないので割と気持ちよく叩ける音ゲーです。なによりも端末の要求スペックが低いのが良い。

譜面も、親指プレイでも問題なくプレイできるような曲も多く、難易度の幅は音ゲー初心者から中・上級者まで幅が広いです(ただし、他の音ゲーでかなりの実力者は物足りなく感じるかも)。

ただし、判定は結構厳しめ。接続判定(コンボが繋がる判定)もそれなりに厳しめだけど、パーフェクトの判定がかなり狭い。AP(オールパーフェクト)を取ろうとするとかなり大変なゲームです(噂では速度を遅くすると精度が取れるとか…)。

曲は、開放型ではあるけどラブライブシリーズほぼすべての曲がプレイできるので、曲の数が150以上もありやりごたえがあります。

おすすめの曲は、「WATER BLUE NEW WORLD」

難易度は難しめだけど、曲が神なので聞いていない人は是非聞いてもらいたい曲です。Master譜面も叩きやすくて楽しい曲で、譜面としても好きな曲です。

ストーリー性

スクフェスでは、キャラが動かずにイラストのみでストーリーが進みます。

キャラは動かないけど、フルボイスストーリーでラブライブ好きにはかなり嬉しいです。内容は、他の音ゲーと違って1話完結型のほのぼのストーリーが多めです。ラブライブのアニメのような話を求めている人だと少し退屈に感じるかも。

当然のように、スキップ、オート、ログ、などの要素があります。オートはフルボイスストーリーだと重宝するのでありがたい。

課金要素(ガチャシステム)

ガチャはスクフェスは厳しめです。

ガチャのレア度は上からこんな感じになります。

  • UR:1%
  • SSR:4%
  • SR:15%
  • R:80%

今どきのゲームで、最高レアの確率が1%なのはかなり低いほうです。おまけに、出たキャラのサイドストーリーを開放させようとするともう一枚同じカードが必要という鬼畜仕様。

スタミナ回復は、ガチ勢でもなければ結構な数の回復アイテムを貰えるのでスタミナに関しては問題なし。BOXはスクフェスのカードの種類がかなり多いので、コレクターはBOX拡張にラブカストーン(課金アイテム)を結構使う形になると思います。

課金要素としては、結構低い評価になります。

スクフェスがおすすめな人

  • ラブライブが好き
  • 音ゲー初心者だったり、なれていない人
  • あまり高機能のスマホを持っていない

当然、ラブライブが好きな人にはおすすめ(おそらくライバーの代替がやっている)。

他にも、音ゲー初心者の人にはスクフェスは叩きやすいし、難易度も簡単なのから徐々にレベルを上げていくことができるのでおすすめ。逆に、スクフェスで高難度の曲の精度を上げると、他の音ゲーでもうまくなりやすいのでおすすめです。

あとは、スマホのスペックが低い人なんかも、スクフェスは結構快適にできると思います。

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)

KLab Inc.無料posted withアプリーチ

Tokyo 7th シスターズ(ナナシス)

2014年2月19日に配信されたゲームで、こちらも音ゲーでは古参のうちに入ります。

このあたりから、音ゲーはもちろん他のジャンルのスマホゲーも活発になってきました。2014年だとグラブルが配信された年でもあります。

ナナシスは配信当時は、2レーンタイプの音ゲーで過去に俺も少しだけやったことがあるけど、あまり面白いとは思いませんでした。

それが、2017年11月に大型リニューアルでかなり一新しました。

ゲーム性

ゲーム性ははっきりというと、チュウ◯ズムみたいなゲームです。

タップ、ロング、フリックは普通にあって、他の音ゲーと違うのはスカイノーツという実質エアーみたいなノーツが存在します。

これはどういうのかというと、普通の判定ラインよりも上方向に判定があるノーツのことです。ピンク色のノーツがそうですね。

このエアーはチュウニよりはアーケア に近い感じもします。他にも小さいノーツや大きいノーツが入り乱れたりと本当にそっくりなゲームです(過去にチュウニとコラボをしたこともある)。

ぶっちゃけ楽しいです。チュウニやガルパが楽しいと思えるのならナナシスも楽しいと思えるゲームだと思います。

判定は厳しくもなく、優しくもなく丁度良い感じですね。ただ、デレステみたいにまっすぐノーツが落ちてこないので、個人的に認識難でミスりやすい気がします。

曲の数は少なめだけど、高難度な曲が多くて、ナナシスの20クラスになるとガルパの28レベルに難しいです。また、ノーツの動きが独特なのでそれでリズムも取りにくい。

ただ、ノーツの動きに慣れさえすれば爽快感もあって楽しめる音ゲーです。

それに、ナナシス特有のタップタイミング傾向が自分が遅めに叩いているか早めに叩いているかがわかるのが嬉しい。俺みたいに、打音判定で音ゲーをやりたい人にはこのタイミング傾向は神機能ですね。

そして、このゲームにはオートライブという初心者に優しい機能と全曲にMVがあります。

実は、あまりオートライブが有るゲームをやったことがなかったので「音ゲーなのにオートライブがあるのかよ…」とか思ってたんだけど、思いの外オートライブ付きの音ゲーも多いことに最近になって気づきました。。。

MV付きは、単純にファンにとっては嬉しい機能だと思います。個人的にはダンスモードが主張が強すぎず、プレイがしやすくて良いです。

個人的に好きな曲は「TREAT OR TREAT?

俺自身、ナナシスは最近プレイしてそれまでは全然興味がなかったのであんまり知らないけど、この曲はチュウニズムにもあってノリがいい曲なので好きです。譜面としては、トリルと同時押しの連打が中々抜けやすい。。。

ストーリー性

ストーリーは、スクフェスみたいに立ち絵でフルボイスでのストーリーになります。当然、スキップ機能もついています。

内容は、2034年のアイドル氷河期時代に本物のアイドルを復活させるというようなストーリーでざっくりみてもシリアスがあったりします。

個人的に驚くのは、始めたてであるにも関わらず全話見れることです。普通は開放型なのにストーリーも最初から見れるとは。。。

個人的に、キャラが多い分自分好みのキャラのいたりするのでそこはいいところ。

課金要素

ナナシスのガチャは最近のソシャゲと比べると普通の確率ガチャって気がします。

ガチャのレア度は上から

  • プラチナ:3%
  • ゴールド+:4%
  • ゴールド:7%
  • シルバー:86%

1番高いレア度と2番目のレア度があんまり変わらいような。。。

ナナシスのガチャは、初回の3連歌無料だったり、初回は通常500コイン必要なのが100だったりと、ガチャに対して寛容なのは良いですね。

スタミナも、回復アイテムがあるしイベントガチ勢でもなければ早々課金することはないですね。ただ、アイドル所持数代わりと少なくて、ガチャを回せばすぐに埋まる感じなのが悲しいところ。

コインが、毎日どのぐらいもらえるのかは分からないけど、課金要素がそこまで厳しめでないですね。

ナナシスがおすすめな人

  • ガルパやチュウニが好きな人
  • 音ゲーに慣れてきた人
  • 可愛いキャラが好きな人

ナナシスは、割と高難度な音ゲーな気がするので、初心者だと中々難しい音ゲーになるかもしれないです。逆に、ガルパなどをやってそれなりに慣れてきた人だと、音ゲー自体が楽しくなってくると思うので、スカイノーツなどは斬新で楽しく遊べると思います。

ナナシスを慣れてくると、他の音ゲーに移っても高難度を楽しくプレイできると思います。

あと、可愛いキャラが多いので、可愛い系が好きな人もキャラを眺めるために始めて見るのも良いかもですね。

Tokyo 7th シスターズ

Tokyo 7th シスターズ

Donuts Co. Ltd.無料posted withアプリーチ

アイドリッシュセブン(アイナナ)

2015年8月20日に配信された、女性向け音ゲーでは1番か2番目に古いスマホ音ゲーですね。

ちょうど、このあたりからスマホ音ゲーも増えてきてアイナナは増え始めた時期に配信された音ゲーですね。デレステもアイナナが配信された1ヶ月後に配信されます。

ゲーム性

ゲーム性は、左右に2つずつある円にノーツが来たら叩くシンプルなゲームです。

演出はスクフェス同様、MVなしであまり強くない感じですね。他のゲームに比べてスキル演出も小さい印象でした。

アイナナは、譜面がおとなしめで高難度な曲でも割と簡単に見ることができるんだけど…何故か叩きづらい!

おそらく、理由としてはノーツが円に近づくと急加速してノーツの来る感覚がわかりにくいのが原因だと思います。あと、個人的にフリックのタイミングがマジで分かりづらい、リズムガン無視ではやくフリックすると割とつながったりするから、早めにフリックしたほうが良いんだろうか。。。

このやりづらさは、音ゲー初心者というよりも音ゲーに慣れている人がなりやすい気がします。ある意味、新感覚ではありますね。

ただ、接続判定はやさしめでパーフェクト判定も厳しいほどではないので、フルコンはしやすいと思います。このゲームは、まだあまり音ゲーをやっていない人のほうが上達が早くなりそうな感じですね。

そして、このゲームはどれだけミスっても完走できるのは評価できるところですね。意外とキャラ音ゲーに少ないんだけど、DeemoやArcaeaのようにどれだけミスっても最後まで完走はさせてもらいたいんですよね。。。

曲も実質クリア確定みたいなものだし、そもそも譜面自体は簡単なので初心者にはむしろおすすめのゲームですね。

ちなみに、ライブアシストもあるのでスコアやミスを減らしたい人は使うのもいいでしょう。ただ、個人的には判定強化系は自力が上がらないのでおすすめはしない。

とりあえず、一番難しいと評判の曲の「Heavenly Visitor」をプレイ

結果はボロボロに。。。やっぱりこのゲームフリックがやりにくいのかフリックでのミスが多いような気がしました。なにげに、いちばん大変なのはEX解放にハードのスコアをAにしなければいけないことでフルコンしてもキャラが弱いとAいかないのがかなり大変だった。

ストーリー性

ストーリーは、アイナナも立ち絵式でフルボイスストーリーになっています。

ストーリーはしっかりとしたストーリーで、アイナナ同様どんどん話が続いていくストーリーです。

オートやスキップ機能も当然ありますね。

ただ、キャラが少ないので好きなキャラが見つけられない可能性が高いのが難点かも。個人的には、あまりキャラが多くないほうがストーリー自体がしっかり作り込まれたりするので良いとは思うけどね。

課金要素

アイナナは、ガチャの確率が他よりも高いですね。

確率は上から

  • SSR:5%
  • SR:15%
  • R:80%

だいたい他のゲームは、最高レアが3%なのが多い中アイナナは5%なのは大きいですね。初回は半分のステラストーンでガチャを引けるのも悪くないですね。

アイナナがおすすめな人

  • しっかりとしたストーリーが見たい人
  • 音ゲー初心者の人
  • 他とは違うような音ゲーをやりたい人

ストーリーはあまり読んでいない俺でも、しっかりとした印象だったのでそういう系のストーリーが好きな人は見て間違いないと思います。いろいろな人の評価を見ていると感動するというような評価も多いみたいです。

そして、譜面が簡単なのが多いので慣れてしまえばフルコンも狙いやすいゲームです。音ゲー初心者はリズムどうこうよりも、譜面を追うことが出来ない人が多いと思うのでアイナナはおすすめ。

そして、アイナナのようなスタイルの音ゲーは多くはないので、音ゲーが好きな人は1度はやってみればいいと思います。アイナナはノーツが降ってくるスピードがおそめなので低速の練習にも良いかもしれないです。

アイドリッシュセブン

アイドリッシュセブン

BANDAI NAMCO Online Inc.無料posted withアプリーチ

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)

2015年9月3日に配信されたゲームで、おそらく2次元アイドルコンテンツでは1番有名な気がします。

実は、デレステが唯一配信されたときからやっている音ゲーでもあります。

ゲーム性

デレステは基本5レーン型の落下式タイプです。

なぜ、基本5レーンと書いたのかというとデレステはスマホで片手でできるモードや、グランドモードという実質15レーン式のモードもあって様々な遊び方ができます(正直、5レーンが一番面白い)。

ここで紹介するのは、5レーンのタイプのみなので興味がある人は調べましょう。

おそらく、デレステが一番最初にMVがついた音ゲーだと思います。そして、いまだに最近の音ゲーと比べても高クオリティなMVを維持しています。バンナムの本気具合が伺えるゲームですね。。。

ノーツの種類はタップ、ロング、フリックといった定番の他にMaster+といった高難易度ではスライドといったのも加わります。

デレステは叩いていて楽しいゲームです。単純に譜面密度が濃く、いろいろな音ゲーマーも楽しんでいる音ゲーです。ただ、ノーツが降ってきてから叩くまでの時間が早すぎて、ほぼ反射か暗記で叩くような感じになります。

接続判定は他の音ゲーと比べても厳しく感じます(アーケード並みに低い気がする)。逆にパーフェクト判定は緩めで内部精度はだいたい良くなります(フルコンした曲がそのままAPということも普通にありえる)。

デレステは譜面自体が普通に難しいので、初心者には敷居が高かったりするかもしれないです。とはいえ、叩くときの爽快感は普通に気持ち良いのでやってもらいたい音ゲーです。

デレマスシリーズはあまり詳しくはないけど、「BEYOND THE STARLIGHT」や「イリュージョニスタ」などの明るめな曲が好きです。

ビヨンドは叩きやすくて譜面的にも好きな曲です。

ストーリー性

デレステのストーリーも立ち絵式でフルボイスの音ゲーです。

デレステのストーリーはキャラが多いせいか、キャラごとにピックアップしたストーリーがメインで全体的なストーリーは少ない印象です。

デレステはマジでキャラが多すぎるので、俺みたいにたまにやる勢は全体の1割も知っているのか怪しい上に、たまに新キャラも出たりするのでよくわからない状態に。ただ、ナナシス同様タイプなキャラも見つけやすいのが利点ですね。

課金要素

デレステのガチャは平均という感じ。

ガチャの確率は上から

  • SSR:3%
  • SR:12%
  • R:85%

大体の音ゲーと同じなので、差別化は測れないけどデレステは課金者優遇が強く有名なのがスカウトチケットですね。

大体6000円(20連ぐらい)で好きな最高レアがゲットできるのは安いです。自分が好きなSSRが欲しい人は課金しましょう。

スタミナは低く、マスターを2、3回やるだけでスタミナが無くなってしまうけど、余るぐらい回復アイテムがもらえるのでそこまででもないです。ただ、スクフェス同様キャラが多すぎてすぐにBOXが埋まるので追加でスタージュエルを使う形になります。

デレステがおすすめな人

  • やりごたえのあるゲームがしたい人
  • 色々なキャラを見たい人

正直、デレステは音ゲーとして面白いのでそれだけでおすすめしたい。

デレステはやっていけばわかるけど、キャラ音ゲーの中では一番難しいんじゃないかってぐらい難しいので、他の音ゲーで全曲フルコンしてもデレステではまだまだだったりするので、他の音ゲーやって物足りない人はデレステをやってみましょう(大体の人はやっていると思うけど)。

あと、ストーリーのとこでも書いたけど、とんでもないぐらいキャラが多いのでいろいろな個性のキャラが見れます。俺は、基本蘭子推しだけど、どんどん魅力的なキャラも来るので目移りしてしまいます(笑)。

音ゲーとして難しいので、初心者は始めづらいけどなれると他の音ゲーも慣れやすいので、やってみるのも全然あり。

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

BANDAI NAMCO Entertainment Inc.無料posted withアプリーチ

バンドリ! ガールズバンドパーティ!(ガルパ)

2017年3月16日に配信された音ゲーで、今音ゲーと言えばガルパを思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか。俺も、今一番やっている音ゲーはガルパだったりします。

この頃には、音ゲーも色々出ている時期です。ガルパはそんな音ゲーが溢れている中でもデレステに並ぶぐらいに人気のある音ゲーになりました。

ゲーム性

ゲーム性は、7レーンの落下式でボルテかよ!って感じのゲーム性だけど、ガルパにはフリックという特徴があります。

他の音ゲーにもフリックはあるんですけど、ガルパのフリックは明らかに他の音ゲーと違うのも特徴ですね。ガルパのフリックが360度に対応しているのも多くのガルパプレイヤーなら知っていいることですが、これが意外と取りにくい。。。

ガルパは接続、パーフェクト判定が他の音ゲーより優しめで、他の音ゲーよりもフルコン、APが取りやすく慣れた人だと簡単に思う人も多いです。簡単と言っても譜面密度が濃く、音ゲー初心者だと譜面を見きれなくて死んでしまうこともあります。

ガルパは譜面密度が濃いので、叩いているときの爽快感はかなりいいです。音ゲーとしてのクオリティは個人的にはトップクラスです。

あと、まだ一部ではあるけどMVの曲も追加されているのも嬉しいところですね。

そして、ガルパでは他の音ゲーと違ってカバー曲の数がなり多いです。そもそもカバー曲の多さを売りにしていたり、未だにカバー曲が更新されています。カバー曲が多いからとガルパを始めた人も多いんではないでしょうか。

個人的に好きな曲は、「二重の虹(ダブルレインボウ)

余談だけど、俺はこの曲が出始めた頃から真剣にガルパをやり始めました(笑)。

ストーリー性

ストーリーは、完全CGでフルボイスストーリーです。

メインストーリーはランクを上げて開放していく形なんだけど、ガルパはランクが上がりにくいので少し面倒くさい。

ガルパはメインストーリーは基本シリアス系で青春って感じのストーリーです。そして、これも他のゲームだとあまり見かけないけど、イベントストーリーが、メインストーリーやバンドストーリー(サイドストーリー)とつながっていたり、ガルパはどんどんストーリーを見ていくと理解が深まってきます(ただ、メインストーリーのみだと味気なさもある)。

課金要素

ガルパのガチャ確率も他とあまり変わらない感じです。

確率は上から

  • 星4:3%
  • 星3:8.5%
  • 星2:88.5%

…星3の確率が随分中途半端だな。星4は他とたいして変わらないけど、星3が低めですね。

そして、ガルパは課金要素が強めです。スターは多めにもらえるんだけど、10連分(約3000円)の課金で星4確定10連を引けるセールを定期的にやっています。ぶっちゃけお得なので、お金に余裕のある人は課金をしましょう。

課金要素は強めだけど、無課金でも割と10連が引けるのでそこまで困りはしないです。

ガルパがおすすめな人

  • 音ゲー初心者
  • 音ゲーが好きな人
  • 青春系のストーリーを見たい人

ガルパは音ゲーとしての完成度が高いので、音ゲーが好きな人はやってもらいたいです。そして、難易度は簡単なのも多いので、初心者もやりやすい&慣れやすいです。

もちろん他の音ゲーよりは簡単だけど、ガルパで高難易度を安定してクリアできるようになると結構いろいろな音ゲーで高スコアを出せたりします。

基本的には、音ゲー部分で優れているけどストーリーも個人的にいい話が多いので(そもそもガルパ以外はあまり読まないけど)、特に青春系が好きな人には合うと思います。

バンドリ! ガールズバンドパーティ!

バンドリ! ガールズバンドパーティ!

Craft Egg Inc.無料posted withアプリーチ

アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ(ミリシタ)

ミリシタは2017年6月29日に配信されたゲームで、デレマスとはまた違う「ミリマス」というシリーズのキャラや曲が出てくる音ゲーです。

基本的には、デレステと似たりよったりなゲームです。

ゲーム性

ゲーム性は、さっきも書いたけどデレステと似たようなゲームです。

違うのは、ミリシタではフリックが左右の他に上にもあるゲームで、ライブ中盤にスペシャル音符という大きいノーツが降ってきます。

ミリシタは、デレステと違ってフリックの種類が増えてシステム的に難しくはなったものの、個人的に難しいと思えるような譜面は少ない印象です。デレステで高難度曲をフルコンできるような人からすると簡単に思えるかもですね。

ミリシタは接続判定はそこまで厳しくないのにパーフェクト判定はデレステとは比べ物にならないぐらい厳しいので、APに関してはデレステよりも難しいです。

ミリシタにも、当たり前のようにMV機能があります。MVに関してはデレステとそこまで変わらないですね。

とりあえず、高難度曲である「ビッグバンズバリボー!!!!!」をプレイ

さすがに、フルコンはそう簡単にさせてくれませんね(汗)。

ストーリー性

ミリシタのストーリーは完全CGでフルボイスストーリーです。

キャラが思っている以上に動きます。

ミリシタも、デレステ同様キャラごとににピックアップしたストーリーなのかな?そのストーリーでメインだったキャラがセンターの曲が開放されるようです。

課金要素

ミリシタのガチャも、確率は普通なようです。

確率は上から

  • SSR:3%
  • SR:12%
  • R:85%

デレステでは、しょっちゅうプラチナチケットみたいなことやっていた印象だけど、ミリシタではあんまりそういうのがない印象でした。

ミリシタがおすすめな人

  • ミリマスのキャラが好きな人
  • 音ゲー初心者

デレステには、ミリマスのキャラが出てこないので当然ミリマスのキャラが好きな人にはおすすめ。

あと、音ゲーの中でもそこまで難しくはないので、ミリシタに慣れてからデレステに移行するとスムーズに行けると思います。

アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ

アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ

BANDAI NAMCO Entertainment Inc.無料posted withアプリーチ

歌マクロス スマホDeカルチャー(歌マクロス)

歌マクロスは、2017年8月3日に配信された音ゲーでガルパ、ミリシタと近い時期に配信されたゲームです。

マクロスといえば、有名な人気作品で一番古いのだと1982年の超時空要塞マクロスから2016年のマクロスΔまで、長い間愛されているシリーズです。

俺は、実はあまりマクロスは詳しくないので、ここでもあまり大したことが言えないです。

ゲーム性

ゲーム性は4レーンの落下式音ゲーです。

真ん中にあるスキルは、使うことでゲームを有利に進めれます。最近の音ゲーだとこういうシステムが増えてきていますね。

判定は接続判定がそこまで厳しくもなく、パーフェクト判定も丁度いいぐらい。高難易度の曲解放が結構面倒くさいので、全然開放していないけど最高難易度である「ようこそ! ワルキューレ・ワールドへ」がそこまで難しい感じはしなかったので、そこまで難しい曲も少ない感じですね。

ただ、横の判定が思っているよりも狭いのと、配置的にノーツが抜けやすい印象でした。そして、初心者に厳しいのが初期キャラだと数回ミスっただけで死んでしまいます。

俺も最初、ハードで適当にプレイしていたらまさかの死んでしまったのでびっくりしました。クリア目的なら、音ゲーの腕よりキャラ育成のほうが重要かもしれませんね。

歌マクロスにもMV機能があって、すごいずば抜けているわけではないけど出来が良いなという印象でした。演出が結構好きで、ファンの評価が高い理由も頷けますね。

最高難易度である「ようこそ! ワルキューレ・ワールドへ」をプレイした結果はこちらです。

個人的にそこまで難しい感じはしないんだけど、さっきも書いたようにノーツが抜けやすく、育成をしていないとすぐに死んでしまうのでクリアするのに苦戦しました。

ストーリー性

歌マクロスはストーリーがないのか?軽く探してみた感じストーリーらしきものが見つからなかったので評価できない結果に。

もしストーリーがあったら申し訳ない(笑)。

課金要素

歌マクロスのガチャの確率は割と高めですね。

確率は上から

  • 星5:5%
  • 星4:10%
  • 星3:84.9%

星3だけすごい中途半端だけど、確率が高いガチャは嬉しいですね。

歌マクロスは他のゲームと違って、キャラはガチャで排出されずに、エピソードという装備みたいなものがガチャとして出てくるみたいです。

歌マクロスは、キャラを育成して強いエピソードをセットすることでスコアが取りやすくなったりします。キャラが好きに選べるのはファンからしたら嬉しいですね。

歌マクロスがおすすめな人

  • マクロスファンはやるべき
  • 育成要素が好きな人

マクロスをあまり知らないやつがこういうことを書くのもどうかと思うけど、個人的に歌マクロスはファンが楽しめる要素が多そうに思いました。

そして、音ゲーでは珍しい育成要素が多めなので音ゲー以外の部分を楽しみたい人もおすすめです。逆に音ゲーとしてはそこまで特別面白いわけではないので、音ゲーメインで楽しみたい人には少し退屈かもしれないです。

歌マクロス スマホDeカルチャー

歌マクロス スマホDeカルチャー

DeNA Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live(シャニライ)

2017年8月28日に配信されたゲーム。

なんと、シャニライはスクフェスを開発したKlabが開発したゲームで、音ゲーの部分がスクフェスに似ていたりと、スクフェスのうたプリ版に当たるようなゲームです。

ゲーム性

ゲーム性は、スクフェスのような半円型でレーンが6つになります。

演出は、最近のゲームにしてはMVもなくあっさりしたような感じ。

判定はスクフェスよりは厳しくないけど、緩くもないので歌マクロスやナナシスと判定の間隔が似たような感じです。

譜面は割と簡単めで、最高難易度の楽曲でもフルコンが容易なので、慣れている人なら物足りないぐらいに感じるかも。

シャニライもオートプレイを搭載しているようですが、全部グレイト判定になるので忙しい時にスタミナを消費する程度ですね。

音ゲーとしてはずば抜けて面白いわけでもなく、つまらないってほどでもないって感じ。

今、俺ができる中で一番難しい「DANSINGU OVER NIGHT」をプレイ

流石に判定は優しいわけではないのでAPは厳しいですね。

ストーリー性

ストーリーはCGで進めていく感じなんだけど、もったいない部分が結構あります。

まず、ボイスがフルボイスではなく、ストーリーでも「ふうっ」や「はあっ」など、ため息や軽い返事みたいな感じで、うたプリは声優が豪華なのにもったいないなって思いました。

ストーリーは、珍しくプレイヤー(プロデューサー的存在)がいないみたいです。個人的には、アイドルものはプレイヤー介入しなくて良いかなって思っています。

ストーリーは、デレステみたいにキャラごとにストーリーがあるみたいだけど、好きなところからできるみたいでファンにとっては嬉しい要素ですね。

課金要素

ガチャの確率はKlabだけあって厳しめです。

確率は上から

  • UR:2%
  • SR:10%
  • R:88%

今どき、最高レアの確率が2%なのもどうかと思うけど、2周年記念イベントのおかげか今はプリズムが多めにもらえる感じでした。

シャニライがおすすめな人

  • 音ゲー初心者
  • 人気声優が好きな人

うたプリに詳しくないのでこんなことしか言えないのは申し訳ない。。。

単純に、音ゲーが苦手な人はシャニライから始めると徐々に慣れていくかも。他の音ゲーが難しめなので、簡単なシャニライで全曲フルコンレベルになると他の音ゲーでもそれなりにできると思います。

うたのプリンスさまっ Shining Live

うたのプリンスさまっ Shining Live

KLab Inc.無料posted withアプリーチ

乃木坂リズムフェスティバル(乃木フェス)

2017年11月21日に配信されたゲームで、人気作品がゲームとして配信されている中、乃木坂はずいぶん遅めのスタートです。

ゲーム性

ゲーム性はシャニライ同様、6レーンの落下式です。

そして、他のキャラ音ゲーだと滅多にない「ソフラン」があったり、急にノーツが別のマスに移動したり、ガチ音ゲーみたいな要素があります。

ただ、難しい要素を乱用しすぎて楽しいというよりも面倒くさい感じがしました。

判定も割と厳しめで決して簡単ではないです。ただ、別に譜面が異常に難しいわけではないので、暗記して叩くという感じ。

少なくても、あまり乃木フェスに慣れていない俺からすると、このゲーム性は難しく感じます。

乃木フェスは、MV付きでプレイできるのでファンには嬉しいところですね。

情けないことに、ウルトラをクリアできないのでエキスパートの「インフルエンサー」をプレイ

普通に急に出てくるノーツは反則だと思う。。。

ストーリー性

歌マクロス同様ストーリーがない感じだろうか。それと、乃木フェスで気になったのがボイスがないことなんだけど、あまりにもキャラゲーとして寂しすぎるような。。。

課金要素

乃木フェスのガチャの確率は普通ですね。

確率は上から

  • SSR:35
  • SR:10%
  • R:87%

なんと、有償ダイヤ(課金アイテム)で10連を回せばSSR確定というのは中々優しい。

乃木フェスは、音ゲーとしてはいまいちだけどガチャに関しては他よりも課金プレイヤーに優しいですね。

乃木フェスがおすすめな人

  • 乃木坂のファン
  • ガチめの音ゲーをしたい人

個人的に、乃木フェスは乃木坂が好きでもないとやらないなって印象です。単純に音ゲーとしての敷居が高いし、そのくせ譜面密度は濃くないのでなれればそこまででもないという印象。

難しいというよりは、アイナナ同様癖が強いという感じです。

乃木坂46リズムフェスティバル

乃木坂46リズムフェスティバル

AiiA Corporation無料posted withアプリーチ

新テニスの王子様 RisingBeat(テニラビ)

テニラビは2017年11月28日配信されたゲームで、なんと乃木フェスと1週間しか配信時期が違わないです。

テニプリも、人気作品の割にアプリとして登場するのが遅めでしたね。

ちねみに、テニプリは最初ぐらいしか知らないので、ストーリーを見たときはついていけなかったです(笑)。

ゲーム性

ゲーム性は、4レーン落下式でデレステを簡単にしたような感じ。

演出は、キャラがひたすらテニスを打つぐらいで他の音ゲーと比べると控えめな感じですね。

個人的に驚いたのが、思ったよりも難関曲の譜面密度が濃いです。特に、難易度25クラスだとデレステの難易度27ぐらいに感じました。

判定は、接続判定が厳しめでパーフェクト判定は普通ぐらい。なぜかフリックが抜けやすいなという印象です。

正直、テニプリの音ゲーって面白いのか?って感じだったんだけど、思っていたよりも面白かったです。

最高難易度である「Side-by-Side」をプレイした結果です。

この曲も中々に譜面密度が濃かった。もう一つの最高難易度の「永遠」はなぜかミスを連発してクリアが出来なかったです。。。

ストーリー性

ストーリーはCGで進める形です。

そして、テニラビでももったいないのがフルボイスでないことです。フルボイスなだけで演る人が増えそうなものだけど。。。

ストーリーは、原作の話をやるみたいでファンからすると嬉しいですね。新の方は全く知らないので、最初から新の方をやられてもこっちはついていけずって感じでしたが。

課金要素

テニラビのガチャの確率も普通ですね。

確率は上から

  • SSR:3%
  • SR:10%
  • R:87%

最近流行りのステップアップガチャもある感じですね。SSR確定じゃないのが弱いですが。

テニラビがおすすめな人

  • それなりに音ゲーに慣れてきた人
  • 新テニプリを好きな人

テニラビは、音ゲーとしてはそこそこ難しい部類に入ると思うので、慣れてきた人は腕試し程度にやるのもいいですね。

新テニスの王子様 RisingBeat

新テニスの王子様 RisingBeat

Bushiroad Inc.無料posted withアプリーチ

個人的おすすめ音ゲー

人気ゲームを10個やってみた結果おすすめなのは

  • ガルパ
  • デレステ
  • ナナシス
  • シャニライ

ガルパ、デレステはもともとやっていただけにおすすめにだすのも贔屓ではあるけど、実際に完成度は高いです。

単純に難しい音ゲーをやりたいならデレステ、ナナシス

音ゲーは得意ではないけど、楽しくプレイしたいならガルパ、シャニライあたりです。

それ以外は、自分の好きな作品があったらそれをプレイするのがいいです(結局それが一番)。

もし、はまれるようなコンテンツを探しているなら、男性だとガルパ、女性だとシャニライなのかなって感じです(完全に独断と偏見です)。

まとめ

俺が始めた音ゲーは、「ラブライブスカラーアイドルフェスティバル(スクフェス)」というゲームで2014年の4月から始めたので、それから5年ぐらい。

スクフェス始めた当時だと、スマホ音ゲー自体が少なく、今では有名なdeemoだったり太鼓の達人pulsぐらいしかなかったです。

今では、「デレステ」、「ガルパ」などの有名音ゲーが存在していたり、最近では「ブラックスター」という音ゲーもリリースされましたね。

俺がやっている音ゲーはスクフェス、ガルパとたまにデレステ程度で他のキャラ音ゲーを全くやっていない状態でした。

さすがに、10個も一気に評価するのはやりすぎたけど、結構面白い音ゲーもあったり中々楽しめました。

たまに、色々なゲームをやって評価するのもいいですね。

音ゲーに詳しくないけど、なにか別な音ゲーをやりたいって人にこの記事が参考になれば嬉しいです。

ついでに、キャラ音ゲーで本格的な音ゲーに興味を持ってくれるともっと良い。

コメント

コメントする

CAPTCHA


Menu
閉じる