ゲーム用におすすめなスマホ・タブレット7選。ゲーマーが真面目に考えてみた

この記事は約12分で読めます。

ゲーム専用のスマホ・タブレットを持つのは、今は珍しくない時代。

そのせいか、最近はゲーム用のスマホなどを紹介するサイト、動画が増えてきています。

今回は、当ブログでもゲーミングスマホの需要に便乗して、ゲーム用のおすすめスマホ・タブレットを7選紹介していきます。

注意点

ゲーム用スマホを紹介するといっても、すべての機種を実際に触って確かめているわけではありません。

ただ、その場合は慎重に調べて書いているので、ここで紹介する機種が快適に遊べないということはおそらくないです。

もし心配な人は、ブラウザバックして他のサイトを参考にしましょう。そのほうが自分のためにもなります。

何が正しい情報なのかわからないという人は、この記事に書いてあることを参考に調べてみましょう。

ちなみに、ここで紹介する機種は

  • PUBGモバイル
  • 荒野行動
  • バンドリ! ガールズバンドパーティ!
  • アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

などのゲームが動くような機種です。

大体のゲームは、この4つのゲームが快適にプレイできれば問題なく動作すると思います。

ゲーム用で重要な要素をざっくり解説

ここでは、あまり深く解説しないけど、ゲームに必要なことをざっくりまとめると

  • やりたいゲームをしっかり決めておく
  • チップ、メモリを確認する
  • ゲームに合わせてストレージを考える
  • 長く使うことを考えたコスパ計算をする
  • 音を使うゲームはiOSが優れている

特に、チップの性能はゲームをやる上でかなり重要です。

チップの性能比較は、ガルマックスというサイトが詳しく書いています。

実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ - ガルマックス
スマートフォン実機のAnTuTuベンチマークスコアをまとめています。新しく端末を購入する際や中古端末購入時に参考にして頂けると嬉しいです。

目安は3Dゲームは30万点以上が理想20万点以上あればそれなりに遊べるといった感じ。

ゲームのストレージに関しては、少し慎重なぐらいが丁度いいです。

楽観的に考えると、スマホゲーは日に日に容量が多くなるのですぐに足りなくなります。

参考程度に、有名なので自分がプレイしているゲームの容量を載せておきます(個人差あり)。

アプリストレージ
フォートナイト8.6GB
プリコネ7GB
スクスタ5.8GB
ガルパ4.3GB
PUBGモバイル3.7GB
荒野行動3.5GB
デレステ2.9GB
Deemo2.6GB
このファン1.9GB
Cytus21.5GB
パズドラ1.1GB
Lanota0.8GB
Arcaea0.6GB
Kindle5.1GB
写真3~5GB
合計51~54GB

ここでは大雑把な解説だけど、更に詳しい情報やスマホの選び方を知りたい人は、次の記事を読みましょう。

おすすめタブレット

基本は、ゲーム用ではスマホよりもタブレットの方が有利です。タブレットの方が、指の可動域が広がるからです。

動きが激しいゲーム(FPSやリズムゲーム)だと、置きプレイと呼ばれるスマホやタブレットを置いてプレイするスタイルのほうがしっかりプレイできます。

置きプレイは、当然タブレットの方がやりやすいです。

おすすめタブレットは結論を書くと、iPadが圧倒的におすすめです。

Androidタブレットで、ゲーム用に優秀なタブレットはありません。コスパ、性能などの面で圧倒的に負けています。

特に、「MediaPad T5・M5」や「Fire HD10」が人気ですが、音ズレやラグがiPadに比べて激しいのでおすすめしません。

iPad 10.2インチ

created by Rinker
Apple(アップル)
¥38,270(2020/08/14 14:38:14時点 Amazon調べ-詳細)

最強にコスパの良いiPadが、この第7世代です。

この機種のメリットは

  • iPadにしては価格が安め(3.8万ぐらい)
  • 2020年現在でも、ほとんどのゲームを快適に遊べる
  • 小さすぎず、大きすぎない程よい大きさ

こだわりがないなら、この機種をおすすめします。

現在、タブレットではコスパ最高クラスでスペックも申し分ないです。

もちろん、ガルパやPUBGも問題なく遊べます。

ただ、

  • 選べる容量が32GBと128GBしかない
  • チップがA10チップ(2016年のチップ)

といったデメリットもあります。

iOS端末は、少し型落ちしてても今のゲームを普通に遊べます。

ただ、A10チップが16年製造なので、今後近いうちに動作が重くなる可能性もあります。

ただの予想なので、そうならない可能性もあります。個人的には、今でも普通に遊べるのに割と驚いているレベル。

そして、64GBストレージ搭載がないのが残念。

64GBは、ライトユーザーには丁度良いんですが、第7世代だと32GBか128GBしか無いのは。。。

32GBだと少ないし、128GBだと更に1万プラスでiPad mini5が視野に入るので、容量を上げるとコスパが悪くなります。

それでも、かなりおすすめな機種です。

あと、1世代型落ちのiPad第6世代もおすすめです。

今は第7世代がメインで、第6世代は販売していないのか価格が第7世代より高いのが難点ですが。

中古品を狙っているでもない限りは、第7世代を買うでいいでしょう。

iPad Air3・mini5

created by Rinker
Apple(アップル)
¥60,270(2020/08/14 22:12:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥50,370(2020/08/14 15:05:28時点 Amazon調べ-詳細)

19年3月に発売された機種で、iPad Air3は俺が使っている端末でもあるのでおすすめ。

iPad Air3についての記事も書いているので、よければどうぞ。

この機種のメリットは

  • Air3(約6万)、mini5(約5万)共にコスパが高い
  • 2020年でもトップクラスの性能
  • iPad mini5は小型なので使いやすい

どちらも、性能が高くコスパも素晴らしいです。

個人的に、値段だけなら10.2インチが強いけど、長く使うことを考えるとmini5のコスパが最強クラスです。

デメリットは

  • チップ以外は中途半端な性能
  • 64GBより多い容量は2万プラスしないと買えない
  • 結局iPad Pro10.5インチ、11インチ(第1世代)が選択肢に入る

Air3とmini5はコスパが良いけど、それは新品での話で、中古含めるとPro10.5インチが選択肢に入ります。

proが選択肢に入る理由は、Pro Motionです。

Pro Motionとは、大半のケータイやタブレットが60fpsまでしか出力されないのに対して、120fps までなら出力できる機能です。

Pro Motionに関しては、この記事で詳しく書いています。

フレームレート(fps)、リフレッシュレート(Hz)とゲームの関係を真剣に解説。実際にどれぐらい重要なのか

値段に特化した10.2インチや、スペックに特化したProと違って、Air3やmini5は中途半端感があります。

だからといって、コスパが悪いわけではありません。むしろ良いぐらいです。

10.2インチよりもAir3、mini5のほうがゲームが安定に動きやすいのもいいです

iPad Pro 11インチ(第2世代)

created by Rinker
Apple(アップル)
¥105,380(2020/08/14 14:38:14時点 Amazon調べ-詳細)

20年現在で発売されている、すべてのスマホ・タブレットで最高スペックの機種です。

もしお金に余裕があるなら、この機種を買いましょう。

iPad Proがゲームに強い理由は、この記事で詳しく書いています。

この機種のメリットは

  • 20年現在で最高性能のチップ搭載
  • ゲーム用に丁度いい大きさ
  • Pro Motionテクノロジー搭載

お金はあるんだけど、どの機種を買おうか迷っているという人…迷う必要はありません。

絶対にiPad Pro11インチを買いましょう!

情報は少ないけど、調べたらほとんどのゲームで快適に遊べます。

Pro11インチで出来ないゲームは、おそらく他の端末でも出来ないです。

ちなみに、11インチって大きく感じるかもしれないけど、ベゼルレス(画面の外側がない)仕様なので、10.5インチのiPadとほぼサイズが変わらないです。

デメリットは

  • めちゃくちゃ高い(10万ぐらい)
  • Pro Motion対応ゲームが少ない
  • イヤホンジャックがない
  • FACE IDしか搭載していない

PCパーツなど、電子機器は高額なほどコスパが悪い傾向があります。

例にもれず、iPad Proも10万超えの高額でコスパが悪い。

目玉のPro Motionも、対応しているゲームが少ないのは悲しいです。

冒頭で書いた4つのゲームは、全部60fpsまでしか出力されません。完全に宝の持ち腐れです。

地味に、イヤホンジャックがないのも嫌ですね。

今はイヤホンジャックがないスマホも多いですが、あったほうが親切味はあります。

よほどしっかりゲームをしたいという人以外は、mini5でも大体のゲームをプレイできるので、コスパを考えるとソッチのほうが良いです(お金がある人は別)。

ちなみに、Pro12.9インチはおすすめはしません

ベゼルレスとはいえ、かなり大きいので指を動かすのに疲れやすいです。

よくわからないという人は、A4サイズの紙でゲームをプレイしていると思ってください。

iPad Pro 10.5インチ

iPad Pro 10.5インチは多くのゲーマーが愛用していて、かなりおすすめです。

この機種のメリットは

  • 型落ち機種(17年販売)だから、中古でのコスパが高い(6~7万弱)
  • 20年現在でもトップクラスで快適に遊べる
  • Pro Motionテクノロジー搭載

20年現在でも大体のゲームを快適にプレイできて、各分野のゲームでトップクラスの実力がある人の多くはiPad Pro10.5インチを使っています。

You Tubeで動画を見ていると、リズムゲー、FPSで上手い人のほとんどはiPad Pro10.5インチを使っています

17年もののはずなのに、今でもトップクラスのゲーム性能な機種です、ゲームを本格的にやりたいけど高すぎるのはちょっと…という人におすすめです。

デメリットは

  • 中古にしてはコスパが悪い
  • 同性能以上で安いiPad mini5のほうが魅力的
  • 中古以外でほとんど販売していない

Pro11インチの方でも書いたように、Pro Motionに対応しているゲーム自体少ないので、恩恵はあまり感じづらいです。

しかも、中古なので当たり外れも覚悟したほうが良いでしょう。

それに、わざわざ中古で買わないでも、新品で同性能以上のiPad Air3・mini5が購入できます。

おすすめスマホ

基本は、iPadのほうがゲームはプレイしやすいけど、生活必需品のスマホと違ってタブレット類は手が出づらい。

特に、ゲームをガチでやりたいという人以外は、わざわざタブレットなんか買わないです。

そういう人のために、大体どのゲームも出来るオールラウンダーな端末を紹介します。今すぐじゃなくても、数カ月後や1年後に機種変するときに、参考に見てもらえたらと思います。

iPhoneSE(第2世代)

現状、ゲーミングスマホでここまでコスパのいい機種はないです。

この機種のメリットは

  • コスパ最強
  • 最新チップ(A13)搭載でトップクラスの性能
  • 大きすぎない
  • 馴染みやすいデザイン、機能

iPhoneSE(第2世代)は、iPhone11と同じような動きができるiPhone8みたいな位置づけで、ゲーム用としては申し分ない性能です。

デメリットは

  • チップ以外での魅力がほぼない

もっとも、ゲームではチップがいちばん重要なので、ゲーム用で買う人はそんな問題ではないです。

ただ、ゲーム以外にカメラや他の機能も求めている人は、そこまでいい機種でもないので注意しましょう。

デメリットに関しては、ゲームで使う分にはかなり優秀で、迷っている人はこれを選んで問題ないです。

Xperia 1

created by Rinker
Xperia
¥46,800(2020/08/14 18:27:39時点 Amazon調べ-詳細)

Androidが好きな人もいると思うので、Androidも紹介。

タブレットだとiPad一強だけど、スマホは意外といろいろな機種が優秀です。

この機種のメリットは

  • Androidでは比較的に落ち着いたゲーム性能
  • iPhoneSE(第2世代)に近い性能

Xperia1はトップクラスのスペックです。

特に、レイテンシと呼ばれる音や操作の遅延が結構少ない機種で有名です。

スペックだけ見るとZenFoneやGalaxyあたりが優秀ですが、ゲーム性能はレイテンシ面を考えてXperiaのほうが上だと考えています。

正直、iPhoneのほうがゲーム性能では優秀だけど、Xperiaもだいぶ健闘していると思います。

ちなみに、型落ちではあるけどXperia XZ2 Compactでゲーム検証した記事があります。

Xperia1は、この記事で紹介した機種の上位互換だと思ってもらえばいいです。

デメリットは

  • 同じ値段帯でiPhoneSE(第2世代)が買える
  • ゲームを長時間やると、発熱やカクつくいたりする

結局、ゲームはSE(第2世代)が強力です。

じゃあ、Xperiaはどこで勝負するのというと、カメラやオーディオ面といったゲーム以外。

ゲーム以外にも、やりたいことがあるなら意外とXperiaのほうが良いかもしれません。

ZenFone6

created by Rinker
ASUSTek
¥76,000(2020/08/14 18:27:40時点 Amazon調べ-詳細)

この機種のメリットは

  • ゲーム性能ではiPhoneに並ぶレベル
  • バッテリー容量がかなり高い

ZenFoneは調べると、ゲーム性能として意外と優秀なようです。

MMOやFPS系統はもちろん、iPhoneが圧倒的に有利な音ゲーでも快適に動くようで中々すごい。

スペックだけなら、iPhone11と同等ぐらいです。

バッテリー容量が大きいのも良い。iPhoneSE(第2世代)で1,821mAh、Xperia1で3,310mAhと言われています。

そして、ZenFone6は5000mAh。かなり大きいです。

iPhoneだとバッテリー消費が少なかったりするので、単純なバッテリー容量だけでは決められないけど、ゲームでもかなり長持ちしそうです。

デメリットは

  • コスパが悪すぎる

これだけです。まあ、一番のデメリットだけど。。。

iPhoneSE(第2世代)やXperia1と同程度の性能なのに、7万円ぐらいします。

ゲーム用に買うのはあまりおすすめしません。ゲーム以外にも、欲しい機能があるなら考えても良いかもしれないけど。

まとめ

以上がゲーム用におすすめスマホ、タブレットのまとめです。絶対とは言わないけど、大体はこの記事のとおりで間違いないと思います。

金銭面の部分で買える端末も限られると思うので、自分にあった端末を選んで後悔の無いようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました