【ガルパ】貫く闇、青薔薇の誇りのストーリー感想

5月10日に開催された「貫く闇、青薔薇の誇り」

f:id:sakana621:20190518231324j:plain

前回の、君に伝うメッセージから2ヶ月ぶりと思いっきり久しぶりの投稿になってしまいました。

ストーリーすら手を付けていない状態で、ガルパのストーリーも久々に見た状態でした(笑)。

今回は、あこちゃんのストーリーということもあるので久しぶりに重い腰を上げて感想を書いてみました。

スポンサードサーチ

ストーリー感想

あらすじ

クラスメイトに、ロゼリアのかっこよさを伝えていたら、六花や明日香によく伝わらないと言われたあこちゃん。

モカと一緒にあこの「カッコいい」を探しすために奮闘する話です。

感想

あこちゃんもそうですが、今回の話はモカがめちゃくちゃ良いです。

まず、開幕で出てきた六花がなんとガルパで初登場とのこと、最近のストーリー見てなかったからもう出ているものかと。。。

あこちゃんは、一応羽丘だから頭は良いんだけどロゼリアやカッコいいことを話すと語彙力がなくなるタイプ。

姉の巴も、割とそんな感じだから中々さっぱりした性格ですね。

そして、そんなあこちゃんの言葉を国語ができるからという理由で理解できるモカ、この2人で「カッコいい」を探すんですが振り回されるモカは中々珍しい。

言葉は理解できても、なぜそう思うようになったのかを考えるのは難しいですね。

そして、今回は「ツナグ、ソラモヨウ」からモカが今、自分が何をするべきなのかが少し分かってきた感じですね。

モカは、一見けだるげに見えて純粋で熱いキャラなんですが、今回でもその一場面が見れましたね。

あれ、今回ってモカのストーリーだっけ。

もちろん、あこちゃんも純粋でいいキャラなんですが、色々なものをしっかりと理由づけできてカッコいいって言えるのはあこちゃんの良いところですね。

結局、そこまで変わらなかったけどまわりがあこちゃんのかっこよさに気づいたというのが今回の物語なのかな。

りんりんは、最初からあこちゃんの魅力に気づいていたわけである意味りんりんもすごいですね。

曲感想

午後の待ち合わせ

ノラガミ第1期のOPの「午後の待ち合わせ」。

f:id:sakana621:20190518231328j:plain

曲自体は、おしゃれでノれる曲です。

ノラガミは最近は、見ていないけど漫画とかでよく見ていたのでまた見ようかな。

譜面は、そこまで難しいところはないですね。

しっかりリズムに合っていてやりやすかったです。

ONENESS(SP)

f:id:sakana621:20190518231318j:plain

こいつには散々苦しめられた。

個人的に4番目ぐらいに難しい曲で、難しい曲ランキングの記事にも出しています。

ガルパが配信されて2年、いろいろな曲が配...

SPの方の難易度は、そこまで難しくなくて26中位ぐらいな気がします。

やっぱり難しい曲は簡単になりますね。

シャルル(SP)

f:id:sakana621:20190518231333j:plain

バルーンさんの曲ですごい有名ですね、俺も好きで結構聞いています。

ガルパでは、えとぅーぜと並ぶ効率曲で協力ライブだとえとぅーぜの次ぐらいに選ばれていますね。

EXの方は、簡単なんだけどSPは中々癖がある。

最初はそんなでもないけど、後半は密度も高くて連続縦連や難しめのフリックが要求されます。

26曲でも上位に入ると思います。

ただ、慣れるとやりやすい曲でもしかしたらえとぅーぜよりも選ばれやすくなるかもしれないです。

スポンサードサーチ

まとめ

久しぶりにイベントストーリーを見たけど、やっぱり面白いですね。

ガルパの記事は、あまり読まれないけど前は習慣で書いていたので、これからも書いていきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク