【2019年1月】7回目でGoogleアドセンスに合格!合格した理由と落ちた理由を書いていくよ

1月某日なんと、

さかなんの雑記カフェもGoogleアドセンスに合格しました!

いやー、長かった。

途中さぼっていたのもあるけど、前に出したGoogleアドセンスに落ちた記事から約3か月、やっとアドセンスに合格することができた。

 

(アドセンスに落ちた記事はこちら)

www.sakana621.com

 

ちなみにGoogleアドセンスは良くサイトとか見てたらある広告画像のことです。

 

ちょうどこんな感じの広告です

そしてサイトを運営している人やブロガーの収入源の1つでもあるのがGoogleアドセンス。

このアドセンスに受かるのがまず大変で、俺も6回落ちてやっと受かりました。

今回は合格するまでの経緯と落ちた理由を、自分なりに考えて書いていきます。

 

スポンサードサーチ

合格するまでの経緯

まずは合格するまでの経緯。

3回目までは前の記事で書いてるからここでは4回目以降を書いていきます。

 

4回目

4回目は3回目に落ちた1か月後に申請しました。

落ちたあと2週間は間隔をあけるという情報があって、間隔をあけていたら気づいたら1か月経過していました。

その間投稿した記事は6記事、結果は

価値の低い広告枠

調べてみたところ、文字数が足りなかったり独自性コンテンツがない、コピペをしているという例が挙げられています。

コピペについては注意して書いているのでそうそう内容が被ることはないと思うけど、前者の方は心当たりがあって、人気のある記事や極端に文字数の少ない記事をリライトすることに。

 

5回目

さらに1か月後に再リベンジ、この間投稿した記事は7記事。

投稿した記事はもちろん、いくつかの記事をリライトしているのでそれなりに自信をもって再申請しました、結果は

価値の低い広告枠

…はい、全く一緒。

さらに調べてみるとアフィリエイト広告があると落ちやすいとのこと。

これは頭には入れていたけど、そんな1つの記事にいくつも貼っているわけがないから大丈夫だと思っていたけど、他に考えられることがないから泣く泣く広告をはがしました(あまり広告を入れていた記事がなかったのが幸いだった)。

 

6回目

これは前回落ちてから3日後ぐらいに再申請、2週間ルールは無視したけど広告を外したことで受かると思い再申請、結果は

価値の低い広告枠

3回目は結構キツイ、正直何が悪いのか分からない状態。

記事数もこの時点で100記事は超えていたし、落ちた理由を探そうにも苦戦状態。

とった手は2週間ルールを信じて放置すること。

一応、記事のリライトや1000文字以上を目安に記事を更新していたりはしました。

 

7回目

6回目からさらに1か月後に再申請、その間投稿した記事は7記事。

調べてみたら、プライバシーポリシーをPDFにしたら受かった情報があったのでPDFにしてみることに、結果は

合格!

なにが合格につながったのか不思議だけど、ついに合格。

 

合格した時の状態は

 

記事数:110記事

文字数:最低500文字、最高3000記事ぐらい(平均1500ぐらい)

ジャンル:ゲーム、アニメよりの雑記

お問い合わせフォーム:あり

プライバシーポリシー:あり

 

こんな感じです。

 

落ちた理由と合格した理由

まず大前提として、これをやればアドセンスに確実に受かるなんてことは言えません。

Googleはアドセンスの合格の条件を明確にしていないため、推測の域を出ません。

そのうえで個人的に、こうじゃないかという点を書いていきます。

 

落ちた理由

  • 文字数、記事数が足りない
  • 段落や見出しをつけてない
  • 他サイトの広告を貼っている
  • お問い合わせフォーム、プライバシーポリシーを作っていない
  • プライバシーポリシーをテキストのまま載せている
  • サイトマップに登録していない
  • 需要のある記事を書いていない

ざっと上げるこんな感じ。

まず審査不能だった場合はサイトマップに登録しているか、お問い合わせフォームを作っているかを疑った方が良いです、(俺がそれで審査不能を解決できたので)。

不十分なコンテンツ、価値の低い広告枠はまずは文字数が少ないと思った方が良いです。

記事数的には20~30で受かる人も結構いるけど、文字数は最低1000文字以上じゃないと落ちる人が多いことからGoogle的には文字数の方が重要なんでしょう。

ただ、極端に記事数が少ないとそれはそれでコンテンツが不十分って判断されるかもしれないので、20以上を目安に書いていくのが良いですね。

 他の広告を貼っているのは、他のブログとかだと関係ないみたいな記事が多かったけど、少なくとも俺はそれで合格したので行き詰った人はやってみる価値はあるかも(ただしそれで結構な収入を得てる人はアドセンスをあきらめるのも手)。

需要のある記事については、そもそも需要のある記事って何?状態なのでこういう記事を書けばいいは分からないです

ただ、ゲームやアニメの感想記事とか特に特化しているわけでもないこのブログでも合格したので、書いている内容次第で意外と受かるかもしれないですね。

プライバシーポリシーは真偽は不明だけど個人的にはでかいと思う、というかそこは盲点でした。

そんな時間がかかる事でもないし、やる価値はあると思います。

 

落ちた理由はこんな感じ、個人的に特に注意しなければいけないのが文字数と記事内容だと思います。

文字数は基本1500文字以上を目安に、記事の内容はあまり他と被らないようにすると受かりやすい気がします。

他のは、文字数とかコンテンツは直したけど受からないよって時にダメもとでやる感じです。

ただし、審査不能の場合は審査以前だから、それは真っ先に直した方が良いです。

直したところ

文字数が少ないということで、まず文字数が少ない記事や読まれている記事をリライトしたけど、意外にも文字数が多い記事を増やせばそこまでリライトする必要がなかったです。

色々調べると記事をリライト、非公開なんて情報を見るけどとりあえずは文字数の多い記事を30ぐらい増やしてからでも遅くないと思います(毎日投稿で1か月ぐらいで達成するし)。

 

次に広告をいったん全部外しました。

広告で収益を結構出してる人ならもう少し様子見の選択肢もあるけど、こっちは広告だしてもいまだに収益0円なんで(笑)特に躊躇いはありませんでした。

他にも、カテゴリーをまとめたりブログのデザインとかを見直したり細かいところを直したりと、影響するかは分からないけど少しづつ変えたりとそんなことをやっていました。

 

スポンサードサーチ

まとめ

結局客観的に見てクオリティの高いブログを作るのが合格する条件ということですね。

少なくとも、Googleからみてこのブログはアドセンスで収益を出してもいいよって認められたブログということなので嬉しいことです。

とりあえずはせっかくアドセンスに受かったんだし、いろいろ試して稼ぎたいところ。

はてなProの年間プランが8434円、独自ドメインが800円/年(可変)で800円/月かかるからその元が取れるのが目標ですね。

 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク