今更だけど、 Nintendo SwitchポケモンLet's GOセット買ったからレビュー

11月16日に発売された、ポケットモンスター Let’s Go!

もう発売した日から1か月ぐらいたっていてスマブラも発売してるけど、今更ながらスイッチのポケモンセットを買ったのでレビューと軽い紹介をします。

といっても、実は発売日に買ったんだけど今まで記事にしなかっただけで、ポケモンレッツゴーも実はとっくにクリアしたから感想も新鮮な感想ではないかもだけど。。。

 

外観レビュー

スイッチとポケモンセットの魅力はなんといっても、外観。

普通のスイッチと違って、ポケモンセットはスイッチ本体やジョイコン、ドックなど様々なところがポケモンデザインだったりポケモン好きにはたまらないものになっています。

という事でひとつひとつレビューしましょう。

 

まずは箱から

f:id:sakana621:20181212152028j:image

表面はポケモンセットの内容と、今回の目玉のピカチュウ。

これだけでも全然、特別感があって良いですね。

ただ、表面よりも実は裏面がすごい好みです。

 

そして、裏面がこちら

f:id:sakana621:20181212152032j:image

ピカチュウとイーブイが遊んでいるような絵だけど、良いですね。

単純に可愛いのと、ほのぼのしている感じがして好きです。

ポケモンって基本パッケージやゲーム機のイラストが伝説のポケモンとかが多いけど、今回はそういうのは抜きでほのぼのしている風景が、伝わってきます。

もちろん、普段の伝説のポケモンが載っているのも好きだけど可愛いポケモンの絵も癒されていいですね。

 

次にドック

f:id:sakana621:20181212152053j:image

何故だか、これだけ縦にしか映らなかった。。。

ドックと聞いても、スイッチを持ってない人からしたら分からないと思うけど簡単に書くと、テレビやモニターとスイッチを繋ぐための部品です。

スイッチ自体は一応携帯機だから、モニターに繋ぐためにはHDMIケーブルが必要なんだけど、それを繋ぐための中継器です。

ドックも本来はポケモンの絵が載っていなくて、ただスイッチのロゴが入ったただの黒い機械だけど、ピカチュウとイーブイが顔だけ出してます。

これだけで、ドックの寂しいイメージも緩和されますね(笑)。

 

 

次にスイッチ本体とジョイコン

f:id:sakana621:20181212152114j:image

スイッチ本体はこれだけだとタブレットに見えなくもないですね。

ただ、タブレットと違うところは右隣にあるジョイコンをスイッチにはめれること。

ちなみにはめると、今度はwiiuのゲームパッドみたいになります。

そして、ジョイコンもwiiリモコンみたいな感じなんで特に新鮮な感じはないですね。

 

そしてなんと、スイッチの裏面にピカチュウとイーブイのシルエットが入っています。

f:id:sakana621:20181212152123j:image

任天堂のこういうちょっとした遊び心は良いですね。

 

最後にジョイコングリップとモンスターボールplus

f:id:sakana621:20181212152126j:image

これは特別仕様はなく、普通の付属のグリップとモンスターボールplus。

テレビとかでゲームをしたい場合とかはグリップにジョイコンをはめてプレイします(まだ買ってないけど、Proコンのが操作はしやすいと思います)。

モンスターボールplusは実はまだ数回ぐらいしか使ってないけど、モンスターボールの中からポケモンの声がしたり、ポケモンを連れていけたりと中々面白い仕様ですね。

 

 

外観のレビューはこんな感じ。

中々遊び心があって面白いですね、スイッチを開封してた時も子供気分でワクワクしながら開けていました。

 

 

プレイ感想

外観はポケモン好きとしては、かなり嬉しいデザインでしたが肝心なのは中身。

YouTubeとかでスイッチのゲームの実況を見たりしてるからそこまで新鮮味は感じないけど、見るのと実際にプレイするのとじゃやっぱり違います。

という事で、今度はプレイしてみた感想を。

まずはホーム画面

f:id:sakana621:20181228231228j:image

wiiやwiiuとは大分違いますね。

なんか若干、PS4に似てなくもない気がするけどどのゲーム機もだいたいこんなもんでしょう。

これだけだと、グラフィックが綺麗になった気がしないし面白みもないのでポケモンのスクショも見せます。

 

f:id:sakana621:20181228231215j:image

これは、wiiuと比べるよりもポケモンUSUMと比べるとわかりやすいかも(USUMの写真はないけど)。

まあ、そもそも3DSと比べても綺麗なのは当たり前だけど、この画面を携帯モードでも出来るのは技術の進歩を感じますね。

 

そして、操作してみた感想だと若干ボタンが押しにくい感じはします。

これは改善策はProコンを買うことだけど、ジョイコンののっぺり感が結構癖がありますね。

そして、地味にスクショボタンがあるのが嬉しい。

残念な事に、スイッチをキャプチャ出来る環境がないからこういう風にブログにスイッチ関連の記事を載せようとしたら文章だけになってしまうから個人的に助かる機能。

これは、俺に限らず今は気軽にゲーム画像を載せる時代だから任天堂も導入したって感じかな。

ちなみにこのスクショ機能、気づいたのが結構後でさっき上げたポケモンの画像が最初に撮ったのになります。

 

ポケモンセットの良い点・悪い点

最後にスイッチのポケモンセットを買おうとしている人に、個人的に良かったところ、悪かったところを書いていきます。

 

良い点

まずは良い方から。

俺がポケモンセットを買う決め手になったところや実際に買ってみて良かったところを書いていきます。

 

  • セット価格が単体を買って揃えるよりも安い
  • ポケモン好きにはたまらないデザイン
  • DL版だからいちいちカセットを差し替えなくていい

 

まずものを買う上で重要な値段、ポケモンセットの値段が定価で37,980+税なのに対してスイッチ単体が29,980+税、ソフト+モンスターボールplusが9,980+税と2,000円ぐらいの差があります。

もちろんゲームだけ出来ればいいって人は中古のスイッチ+ソフトを買った方がお得だけど、せっかく初めて買うスイッチだからポケモンセットを購入しました。

ちなみにAmazonや楽天だと50,000円という大特価価格で販売してます。

。。。たけぇな

こっちは住んでるところが田舎だから普通に定価で買えたけど、通販サイトだと1万ぐらい余分に取られるのか。

 

そして、ポケモンセットはスイッチにDL版のピカブイが入っているのも良い点。

ゲームってやりたいゲームが多いほどソフトがかさばるからDL版だと持ち運びが便利で楽ですね。

 

良い点はこんな感じ。

元々ポケモンセットは買うつもりだったけど、値段が後押ししたって感じです。

そして次に悪い点について

 

悪い点

 

  • DL版なこと

 

はい、これだけです。

「いやいやw少なすぎじゃねw」と思う人もいると思うけど、個人的にはこれが結構でかい。

さっき良い点でポケモンセットの良いところはDL版なことって書いたけど、実はスイッチはDL版向けのゲーム機じゃないです。

スイッチ本体の内部ストレージが32gbしかない上に、大体のゲームが5〜10gbぐらいとるからどんなに頑張っても4,5つぐらいしかゲームが入らないという仕様。

まあ、これについては正直もうちょっと増やせよって思う、PS4が500gbから1tbまで対応しているのにスイッチが32gbなのはさすがに寂しすぎる。

一応改善策としてマイクロsdを挿せばいいんだけど、今はDL版も主流になりつつある現代でこれは若干時代遅れ感がありますね。

 

 

まとめ

これで一通りのレビューは書き終わったかなって感じがします。

まあ、色々書いたけど結論としては買って良かったです。

もともとスイッチを前からやりたかったし、そのスイッチがポケモンデザインなら個人的に満足です。

もし、ポケモン好きでまだスイッチ持ってないよって人はこれを機にポケモンセットを考えてみよう(Amazonとかだとだいぶ高騰してるけど)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました